TOP > 団塊世代の今後のライフスタイルと住まいに関する調査

団塊世代の今後のライフスタイルと住まいに関する調査

この報告書は、団塊世代の今後の住み替え意識に関する調査結果をまとめたものである。
調査は、団塊世代の定年退職が始まる直前の2006年12月に実施した。まさに、最も直近のタイミングでの調査であり、報告書であるということができる。

ところで、団塊世代の名付け親である堺屋太一氏は、「団塊というのは、鉱物用語で『ノジュール』の訳語です。堆積岩中に周囲と成分の異なる物質が棒状または偏平状に固まっているところを指します。だから、『大きく固まっている存在』というだけではなくして、『密度が高くて周囲と異なる特質を持つ』という意味が含まれています」(『団塊の世代「黄金の十年」が始まる』(文藝春秋)より)と述べている。
団塊世代はそのボリュームの厚さだけがクローズアップされがちだが、実はそれに加えて前後の世代とは異質な考え方に基づいて行動するという特質を持つ。すなわち、これまでの「高齢者/シニア」というイメージだけでは捉えきれないことが、この世代の存在感をいっそう高め、世に幾多の団塊世代論が提出されることになる。

堺屋氏によるこの定義によれば、団塊世代は周囲とは異質だが、世代の中は同質な「ひとかたまり」という解釈も成り立つ。しかし、三浦展氏(「下流社会マーケティング/日本実業出版社」)や佐藤博樹氏ら(団塊世代のライフデザイン/中央法規)が分析してみせるように、この世代を「ひとかたまり」として理解するにはその内実は分散が大きい。生まれて約60年、社会に出てからも約40年のそれぞれの人生を経て、その価値観は多様化しており、また各人の経済的な裏付けの違いもあり、今後の生活に対する見通しも様々である。
今後の住み替え行動に関して言えば、住宅双六と言われたステップアップパターンに従い皆が同じような住まいを志向していった彼らの若い時の動きは、もはや再現されない。
言うまでもないが、彼らの今後の住まいのニーズは、彼らがこれからどのような暮らしを望んでいるかによって事後的に規定される。仕事や子育てなどの制約条件が多い若い世帯とは異なり、さまざまな面で自由度が高く、各人・各夫婦の価値観やライフスタイルが直接的に投影されるのである。

 そこで、本報告書では、まず公的なデータなどを中心にして団塊世代がどのような集団であるのかを振り返り、その上で、独自調査の結果として彼らの今後の生活に対する想いを明確にする。後半では今後の住み替え意向に関して、住み替えニーズタイプ別に、意向者のプロフィールや希望条件等と共に、ライフスタイルの違いの分析を試みている。前段ではひとつの世代としての団塊世代の特徴を、後段では団塊世代内の、ひとかたまりでは理解できない各マーケットの違いを読み取っていただけるものと思う。
本報告書により、不動産・住宅関連業界に対して、団塊世代の今後の暮らしと住まいに対する想いが幾分でも届き、マーケティングとカスタマーの幸福な出会いの一助となれば幸いである。

文:主任研究員 島原万丈

報告書PDF
各章データ
Acrobat Reader DownLoad
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。
正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
PAGE TOP